脇の黒ずみの原因

 

脇の黒ずみの原因として、自己処理によって傷んだ肌にメラニン色素が集まってしまうことと、皮脂汚れなどによる毛穴の詰まりによるものが考えられます。

 

メラニン色素を集まらせないためには、お肌になるべく刺激を与えないことが重要です。

 

紫外線や衣類のこすれ、ムダ毛処理によるカミソリなど、あらゆる刺激に対してお肌は防御反応としてメラニン色素を生成します。

 

服のこすれなどの、ある程度の物理的刺激は仕方ないとして、過度なムダ毛の自己処理などで刺激を必要以上に与えないようにすることが必要です。

 

さらに、処理後に保湿クリームでケアするなど、お肌の乾燥にも注意してケアし続けることで、脇の黒ずみ悩み解消されていきます。

 

自己処理を良く失敗するなどの人は、一度脇毛を伸ばしてから脱毛サロンできちんと処置してもらうと、これ以上肌を傷めることもなくなり、ムダ毛が綺麗に抜けて残り毛を埋没させることもなくなりますので、色も薄くなってきます。

 

自己処理によるカミソリ負けで肌の表皮を傷つけたり、保湿ケアをせずに肌が乾燥して角質が固くなると肌の黒ずみはどんどんひどくなっていくのです。

 

夏場は制汗スプレーをよく使うという方も注意が必要です。制汗スプレーは消臭効果はあるものの、持続性はなく根本的な解決にはなりません。また、成分によってはお肌にダメージを与えてしまいます。お肌に刺激を与えるようなことはなるべく避けたほうがいいのです。

 

脇の黒ずみの原因 まとめ

1.紫外線によるメラニン色素の過剰生成
2.摩擦とムレ
3.肌の炎症や乾燥
4.制汗スプレーやカミソリのダメージ

 

 

⇒脇の黒ずみ対策の方法を見る

 

 

▲TOPページへ